これからのコミュニティとは? #次世代コミュニティ議論会

これからのコミュニティとは? #次世代コミュニティ議論会

こんにちは。コミュニティフリーランスの長田(@SsfRn)です。

数年前から爆発的に増えた「コミュニティ」。

なんとなくの、僕の感覚値ですが、勢いがあった時期と比較して少し落ち着きを見せているようにも感じています。

もちろん、僕を含めてコミュニティに向き合い、この時間もコミュニティ活動に汗水を垂らしている方も大勢います。

では、このままコミュニティってどんどん縮小していくのでしょうか?これからのコミュニティってどうなるのでしょうか?

本日はそんなお話を。

コミュニティの次の形を考察する

さて、コミュニティの形ってきっとどんどん変化していくものだと思います。

少し前だと、地域コミュニティや家族や会社といったコミュニティで、十分満足して生活ができていた。

それが、スターバックスコーヒーを筆頭に「サードプレイス」という概念が広がり、家族と会社以外の自分の居場所を模索し始めました。この背景には様々な要因がありますが、端的に言うとこれまでのコミュニティに対して安心感を感じられなくなり、満足できなくなったのが大きいのかなと。

そんな流れが生まれ始めたところで、現在も活発に活動している「オンラインサロン」といったコミュニティの形が広がっていきました。オフラインからオンラインと、環境が大きく変化。

オンラインサロンとは、また異なるオンラインコミュニティも増えてきていますよね。FacebookやSlackを活用したものは多く見受けられます。

では、次のコミュニティの形として、どういったものが生まれていくのでしょうか?これは個人的な感覚なのですが、オンラインコミュニティの数は減少していくような気がしていて、従来のコミュニティへ再びスポットライトがあたるのかなと。

つまり、コミュニティ疲れが一部で起きて、最小限のコミュニティでいたい。そんなニーズが高まるんじゃないかなぁと思うんです。会社と家族だけでいいや、と。ただし、そこへ求めるものも大きくなっているので、それがうまく機能するかは別の話です。居場所として機能しなかったら、きっとまた別のコミュニティを求め出すと思うので。

だからこそ、コミュニティの本質と向き合うべき

今のは、僕の勝手な推測でしかありませんが、きっと今後もコミュニティの形はどんどん変化していくと思います。

今持っている情報では考えられないような、コミュニティの形も生まれてくるかもしれない。

だからこそ、僕は「コミュニティの本質」と向き合っていく必要があると思うんです。

コミュニティとは何か?
何を大切にしなければいけないのか?
コミュニティって本当に必要なのか?

そんな「問い」に向き合っていくことで、表面的なHowの部分に振り回せられなくなる。そして、本質的に考えられることで、今の世の中にどれだけコミュニティ的な思考や視点が溢れているのかがよく理解することができる。

これまでは、コミュニティとは無縁だったようなことでも、気がつけば「それコミュニティ的だなぁ」と感じることって、珍しくありません。

SNSが普及し、誰しもが簡単に繋がれるこの時代だからこそ、向き合っていくべきことだなぁと思っています。

今度、そんなイベントを開催することになりました。

コミュニティ カレー屋「6curry」の彩さん
コミュニティコワーキングスペース「co-ba shibuya」のグミさん
コミュニティシェアハウス「アオイエ」の岳さん

この4人でコミュニティを多方面から考え、本質を探っていきます。今日ここに書いたようなお話も含め、「コミュニティってなにか?」ってことを追求していければと思います。

最後に

今一度コミュニティと向き合おう。

それは日々僕が考えていることです。

コミュニティはきっと、僕ら人類にとって普遍的に必要なものであると、僕は考えています。それほど密接なものなんだなと。

その辺りもお話したいなぁと勝手に思っています。

それでは!