コミュニティまちづくりプロジェクト「渋谷をつなげる30人」にジョインします

コミュニティまちづくりプロジェクト「渋谷をつなげる30人」にジョインします

こんにちは。長田(@SsfRn)です。

みなさん、『渋谷をつなげる30人』というプロジェクトをご存知でしょうか?

まだ、認知度は低いものの、取り組んでいる内容はとても素晴らしい、コミュニティまちづくりプロジェクトです。

この度、僕が『渋谷をつなげる30人』のコミュニティ運営・広報サポートとして、ジョインすることになったので、そのご報告をさせていただきます。

渋谷をつなげる30人とは?

渋谷をつなげる30人とは、株式会社フューチャーセッションズが運営しているプロジェクトです。HPを見てみると、プロジェクトについてこのように記されています。

「渋谷をつなげる30人」プロジェクトは、渋谷区の総合政策「ちがいを ちからに 変える街。渋谷区」で掲げる20年後の渋谷区未来像を実現するために、渋谷区の企業・行政・NPO市民の30名が参加し、連携して「つながり」を深めながら、課題達成のためのビジネス活動を約半年かけて立案・実行する、まちづくりプロジェクトです。

渋谷をつなげる30人について

※こちらの記事も、プロジェクトの説明が書かれています。

このように、コミュニティの概念を、まちづくりへ活用(これを専門用語で「コレクティブ・インパクト」と言うそうです。ここについてはまたの機会に)しています。僕はそこに共感をしました。また、この30人の方々は、ただ一緒にプロジェクトをやるのではなく、”ファシリテーション”を学び、それを生かし、プロジェクトに取り組んでいくそう。とても興味深い。

おまけに集まる企業も、かなりの大物ばかり。これまで参加してきた企業の一部を見てみると

  • 渋谷区
  • 東急不動産
  • TSUTAYA
  • NIKE
  • サッポロ不動産
  • ボッシュ
  • ビームス
  • 京王電鉄
  • グリーンズ
  • みずほ銀行
  • サニーサイドアップ       etc,,,

僕でも知っているような有名企業だらけ。それだけ、このプロジェクトに可能性と価値を見出しているということなんだと思います。

また、アウトプットのレベルが高いのも、この渋谷をつなげる30人の特徴です。メンバーでいくつものプロジェクトを回していくのですが、法人化することがあるほど、質の高いものが生まれています。

そんな『渋谷をつなげる30人』にジョインできて、これからがとても楽しみなのです。

実際にやること

さて、そんな僕がジョインして何をやるかというと、こんなところ。

  • コミュニティ運営
  • 発信関係
  • レポートライティング
  • SNS運用
  • スタッフ統括  etc,,,

コミュニティ運営から発信まで、幅広く担う予定となっています。

おそらく、これまでやってこなかったような業務が多くありそうな気がしていて、楽しみであり、ドキドキしています。

ただこうやって、いわゆる「コミュニティマネージャー」という職種ができるコトの幅広がっている感覚が、とてもワクワクするんです。ただ、ひとつのコミュニティを運営して終わるのではない、大きな可能性を秘めてる職種。

その可能性を、僕自身で広げていければなぁと思っています。

最後に

今できることをやることも大事ですが、これまでやったことがないことにチャレンジすること。

この機会をつくることって、フリーランスにとってとても大事ではないか?と思っています。会社員であれば、必然的に新しいことをする環境を与えられると思うのですが、フリーランスは気を抜くとスキルの切り売りになってしまう。

そうならないように、自分自身と仕事について、客観的に捉えていく必要があるなぁと思います。

ということで、渋谷をさらにいい街にできるよう、頑張っていきます!それでは!

■Twitterもやってます!