沖縄で登壇!? #沖縄フリーランス で「コミュニティ」を話します

沖縄で登壇!? #沖縄フリーランス で「コミュニティ」を話します

こんにちは。長田(@SsfRn)です。

少し前になりますが、3月に大阪で登壇をさせていただき、それが初の都内以外でのイベント登壇でした。

今回はなんと!

沖縄でのイベント登壇が決まったんです!!九州を超えて、一気に南の先端へ。

本記事では、そのご紹介を。

沖縄フリーランスって?

今回呼んでいただいたのは、ことみさん(@sonecco) 。『沖縄フリーランス』という、沖縄のフリーランスが集まっているグループがあり、その発起人の方になります。

ことみさんは、以前noteでこんな熱い想いを語ってくれました。

作っていきたいものは、情報に触れられる環境です。「誰もがレベルアップする場」「誰かを育てる場」を作ることができる、というのは大いなるカンチガイで、わたしが他人に用意できるのは「情報」だけ。
情報を受けて何を考えるか、どう動くかは本人しか決められない。
自分を育てられるのは自分だけ。

それでもなお、より良い環境をつくることで、それぞれにとってのより良い未来みたいなものが実現するのではないだろうか、そう思って毎日動き回っています。

[月間サポーター様の募集について] #沖縄フリーランス

都内では得られるような情報
気軽に会える人
ふらっと参加できるイベント
が沖縄にはなかなかないそうです。

それをことみさん自身でつくっていく。その姿勢と想いに共感しました。

そして、偶然僕が私用で沖縄に行くタイミングがあり、今回のイベント開催が決まったのです。

沖縄のコミュニティ

僕はコミュニティの話をしに行くのですが、実際に沖縄にはどんなコミュニティ文化があるのか?

僕が前に関わっていた、『Gojo』というアプリは『模合』という文化から来ていました。この模合は、沖縄でいまだに受け継がれ、実施されている文化です。

模合については、詳しく説明されているブログから引用させていただきます。

模合はただの飲み会ではなく、飲み会に参加する人達がお金を出しあって毎月集まったお金を皆でまわしていくシステムです。もう少し詳しく説明すると、例えば模合に参加するメンバーがAさん、Bさん、Cさん、Dさん、Eさんの5人いたとします。まずは模合をスタートする前に金額を決めます。多いのは5千円~1万円の範囲です。今回は1万円の設定で説明したいと思います。
次に毎月集まるお金を受け取る順番を決めます。Aさん⇒Bさん⇒Cさん⇒Dさん⇒Eさんの順番で模合のお金を受け取るとした場合、初回の模合はAさん以外の4人が1万円を用意し、Aさんへ渡します。Aさんは今月の模合で4万円を受け取る事ができます。そして、次の模合はBさんが受け取る番なので、Bさん以外の4人が1万円を用意し、Bさんが4万円を受け取ります。このように順番通りに模合のお金を受け取っていくのが模合です。

沖縄の人達がやっている模合(もあい)って何?ルールを説明!

それぞれがお金を出し合って、それを回していく仕組みが模合ということですね。これって、そこにしっかりとした関係性・コミュニティがないと成り立たない仕組みです(Gojoにいたから痛いほどわかる、、)。この文化が、未だ根付いているほど、沖縄は濃密なコミュニティが実在しているということなのかなと。

また、最近だとランサーズが提供している『新しい働き方LAB』のキャンパスが沖縄にでき、フリーランスのコミュニティが生まれています。

昔ながらのコミュニティがありつつ、今時のコミュニティのあり方も生まれつつと、とてもいいバランスだなぁと感じています。

そんな実情も踏まえつつ、今都内で起こっているコミュニティの話であったり、コミュニティをどう活用すれば人生においていいことがあるのか?みたいなことも話せればいいなぁと思っています。

最後に

ということで初沖縄!めちゃくちゃ楽しみです!

こうやって、全国各地で頑張っているコミュニティ関係者とどんどん繋がって、東京のコミュニティ情報を地方へ提供できたらいいなぁと思っています。

先日のもとくら深夜枠ライブ配信『独立して働く』でもお話ししたのですが、コミュニティに熱い思いを持つ人が、素晴らしい場づくりができるような後押しをしていきたいなぁと思っています。

それは、素晴らしいコミュニティが増えるほど、良質なコミュニティライフを送る人が増えて、その結果人生を豊かにできる人が増えていくと信じているからです。

そんなことを話している、ライブ配信もご覧いただけると嬉しいです。

それでは!