これはチームなの?コミュニティなの?その双方の違いを考えてみる

これはチームなの?コミュニティなの?その双方の違いを考えてみる

こんにちは。長田(@SsfRn)です。

以前、Wasei Salonとサイボウズ式第2編集部のコラボ勉強会「今こそ、コミュニティという新しいチームのあり方を考えよう」を開催しました。

ここで話に出たのが、チームとコミュニティって何が違うのか?というテーマ。

最近、僕自身も様々な形で多くの方とお会いしていて、その集まりがチームなのか?コミュニティなのか?と考えることがあります。

なので今一度、このチームとコミュニティについて考えてみたいと思います。

 

 

チームとコミュニティの違いって?

そもそもこの2つの違いって何なのでしょうか?

一見とても似ているけど、なんとなく雰囲気が違いますよね。

具体的にどこが違うのか?それは、大きく2つあるのかなと考えています。

 

①目的があるかどうか
②”居場所”重視かどうか

そもそも、コミュニティとは目的なく、自然発生的に”生まれる”側面があると思っています。それに比べて、チームはとある目的が存在する前提で”作られます”。

例えば、プロジェクトチームはとあるプロジェクトを成功させるために集まったチーム。
会社は、利益を生みミッションを実現するためのチーム。

コミュニティには、その目的がない、または薄い傾向にあります。
そこがひとつの大きな違い。

逆にチームは、目的が達成されると解散があるんですね。終わりがある集まりがチームとも言えるかもしれません。

 

もうひとつの違い、それは”居場所”重視かどうか。

チームの場合、目的を達成するためにアウトプットしていく必要がある場合が多いと思います。目的を達成することが第一優先なので、その集まりが居場所になるかどうかはあまり関係ありません。

それに比べて、コミュニティは”居場所”となることが、とてつもなく重要。メンバーが居場所と感じることで、コミュニティが機能し始めると思っております。

大きくこの2点に違いがあるのかなと考えています。

 

 

チームとコミュニティにはグラデーションがある

2つの違いを今お話しましたが、この2つって明確に分けることがなかなか難しいなとも思います。

どういうことかというと、双方の間にはグラデーションが存在するということ。

コミュニティっぽいチームもあれば
チームっぽいコミュニティもある。

どちらの要素も持っている集合体は、かなり増えている気がしていて、それは個人的にとても面白い現象だなと思っています。

きっと、これまでチームとして機能していた場所は、コミュニティ化していく動きが強まっていくような気がしています。

それこそ、会社がコミュニティ要素を持ちだしていくような。ここの動きは、今後注目なポイントだなと思っています。

 

 

最後に

以上、チームとコミュニティの違いをざっくり考えてみました。

こうやって、似ているけど何かが違う?ってものと比較することで、よりコミュニティとして輪郭がはっきりするなと強く感じています。

そうすると、コミュニティとして大事な要素がより明確になる。するとコミュニティマネジメントで大事なポイントが、鮮明に見えてくる。

そうやってコミュニティを考えてみるのもいいのかなとおもいますので、お時間あるときはやってみてくださいー!

それでは!