コミュニティマネージャーで理想のコミュニティを語ります

コミュニティマネージャーで理想のコミュニティを語ります

こんにちは。長田(@SsfRn)です。

僕がコミュニティマネージャーを務める、Wasei Salon主催イベントを開催することが決まりました。今回はそのイベントのご紹介をさせてください。

 

理想のコミュニティを考えよう

Wasei Salonのコミュニティマネージャー2人による、「理想のコミュニティを考えよう」プロジェクト。

毎週1本ずつ、コミュニティについてのnoteを書いています。

どんな内容なのかというと

・現状のコミュニティブームとWasei Salonについて
・居場所となるコミュニティとは
・コミュニティは当初の思惑通りにいくのか
・コミュニティマネージャーの役割とは
・コミュニティメンバーについて

これまで5本の記事を上記のタイトルで書いてきました。

このブログ記事のように、1人が書き続けるという方式ではなく、2人の対話形式で書き続けています。これは、2人で対話しながら書くことで、僕ら自身も理想のコミュニティについて考える機会になりますし、そういう過程を経験したいなと思ったからです。

このnoteマガジンが終了するタイミングで、リアルイベントを実施。

それが、今回ご紹介させていただく「理想のコミュニティを考えよう〜コミュニティマネージャーたちの理想のコミュニティ論〜」というイベントになります。

 

●マガジンはこちら

 

 

コミュニティマネージャーたちの理想のコミュニティ論

このイベントでは、

Wasei Salon
渋谷の朝活コミュニティ「朝渋」
旅人が集うコミュニティ「旅と写真と文章と」

合計3つのコミュニティ視点で、理想のコミュニティとはなんなのか?を考えていきます。

それぞれのコミュニティマネージャーたちが集い、コミュニティに対する話や、実際にコミュニティを運営していて考えていることや、コミュニティの未来など、たっぷりコミュニティの話をしていきます。

トークセッション終了後、グループディスカッションを実施し、最後に懇親会という合計3時間の長丁場コミュニティイベントです。(濃厚、、、!)

 

今回集結したこの3つのコミュニティの共通点は、インフルエンサーのヒエラルキー型コミュニティではなく、フラット型のコミュニティであるという点です。また、コミュニティマーケティングの文脈もはずしました。

あえて、似たようなコミュニティの立場から考えてみたいなと思ったんです。コミュニティにも様々な種類があり、それぞれで考えていることや大事にするポイントが異なります。

僕はやはり、コミュニティはフラット型が好きで、どっちかというと理想なコミュニティはフラット型だと思っています。この形のコミュニティが健全だなと思うのです。一回ここを深掘りしていきたい、このメンバーで理想のコミュニティとは何かを考えたい!

ちなみに、僕がこのイベントのモデレーターをやることになりました。そう、僕人生初のモデレーターなんです。よかったら、応援しにきてくださいね、、!

 

 

最後に

以上、イベント告知でした。

なかなか濃厚なイベントになると思うので、コミュニティ関係者やコミュニティに興味ある方はぜひ遊びに来てもらえたらと思います。

会場で会いましょう!

それでは!