スポーツが持つ”つながる力”が、今後の社会とコミュニティには必須

スポーツが持つ”つながる力”が、今後の社会とコミュニティには必須

こんにちは。長田(@SsfRn)です。

少し前に「Creative Sports JAPAN 渋谷から始める、スポーツを活用した未来づくり2018」に参加してきました。

このコミュニティマガジンを読んでいただいている方は、あまりイメージがないかもしれませんが、私はもともとスポーツビジネスへの関心がとても高く、スポーツが持つ”つながる力”ってとても偉大だし、魅力溢れる力だと思っています。ということもあり、今回はスポーツの話題をコミュニティの観点と絡めてお届けしたいと思います。(イベントの一部を抜粋しています)

それでは、お付き合いください。

 

 

Creative Sports JAPAN 渋谷から始める、スポーツを活用した未来づくり2018とは

まずはこちらのイベントについて、ご説明したいと思います。

Creative Sports JAPAN 渋谷から始める、スポーツを活用した未来づくり2018とは

スポーツを活かしたまちづくりに挑戦しようとしている「渋谷の地」で、2020年以降の日本のスポーツを担うであろう人たちが集い、スポーツを「する」「見る」「支える」だけでない、スポーツを「活用する」新しいムーブメントを一緒に起こしていきたい。

という願いを込め、スポーツの価値を活用した取り組みを行なっている人 / 取り組みを始めたいと思っている人を、対象とした参加型トークイベントです。

具体的な内容としては

①スポーツの価値を活用し様々な取り組みを行なっている実践者が集い、互いの取り組みを共有します。
②その上で、2020年以降の「スポーツを活用した未来づくりの可能性」を探索します。
③最後に、「渋谷」をフィールドにスポーツを活用した新たなアクションを創造していきます。

としています。分かりやすく言うと、スポーツの未来づくりについて話し合う、参加型のトークイベントのようなイメージになります。

 

主催は、Creative Sports JAPANさんで、そのメンバーには

杉原 海太(FIFA consultant)
村松 邦子(株式会社ウェルネス・システム研究所)
小林 忠広(NPO法人スポーツコーチング・イニシアチブ代表理事)
上井 雄太(株式会社フューチャーセッションズ)

の4名の方で構成されています。

あらゆる方面から、スポーツに携わる面々で、また参加者の皆さんも様々な立場の方がいらっしゃって、とても楽しく有意義な時間となりました。その様子の一部をお伝えしていきます。

 

 

2025年以降のスポーツの在り方

まずは、FIFAに務める杉原さんのセッション。「スポーツを活用する価値創出の可能性」というテーマでお話いただきました。

杉原さん:そもそもスポーツってなに?って話なんですけども、ポイントは”遊び”。遊びから派生してるんですよね。なので、それでお金を稼ぐ、生計を立てていくという発想はあんまりなかった。近代スポーツを始めた人と言われるクーベルタンさんが”スポーツによる金銭的な報酬を受けるべきではない”という発想を提示したからでもあります。

この流れが1980年代ぐらいから、少しずつ変わってきました。きっかけはやはりメガイベント。オリンピックもW杯もお金がかかりすぎる。できるだけ税金投入とかで凌ぐのではなくて、自分たちで稼いでコストをカバーできないか?と考えました。

そのぐらいから、自分たちでお金稼いでいこう。そうすれば、アスリートにもお金が回せるし、強化費にも使えるし、スポーツが発展していくだろうと考えたんですね。胸スポンサーやら、看板スポンサーやらと、簡単にいうと広告モデルです。”スポーツの露出価値のマネタイズ”という本を書かれた方は元電通の方なんですが、ここでは”サッカーはメディアなんだよ”と言っています。

これがスポーツビジネスの本質を端的に表しているなと。どういうことかと言うと、”スポーツをやる→みんなが観る→そこに広告価値が発生する”基本的にこういうことなんです。人気あるサイトに広告を出すのと、本質的には変わらないんです。

杉原さん:ただ、この露出価値のマネタイズは、1980年ぐらいから始まったんです。なので、まだ30年ぐらいですね。なので、これだけがスポーツの価値をマネタイズできる範囲なのか?と言うと、どうなのかなと。

勝手な仮説ですが、露出価値以外の価値ってありますよね?実はそれがこの先30年ぐらいで、マネタイズ含めて発展するってことが起こるんじゃないか?もっと言うと、日本って社会課題がいっぱいあるじゃないですか?メディアとかで働き方とはとか出てますけど、それってスポーツを使って解決することはできないんですかね?スポーツを使って社会課題を解決する良いチャンスじゃないかと思っています。

スポーツ庁が経済産業庁と一緒に「この先のスポーツとはなにか?」というのを出してまして、そこで”スポーツ産業化”と書かれています。それはわかりますが、ただ、そのアジェンダだけなのかというのが、個人的に気になってまして。

杉原さん:ポスト平成で求められるものはなんですか?となった時に、出てくるのはこれらなんですね。

健康寿命
地域コミュニティを含めた人々の繋がり
生きがい
学び直し可能な教育

100年生きるから、大学まで学んでその後40年間ぐらい働いて、というのでありません。学んで、働いて、学んで、働いての繰り返し。それも正社員で男だけでなく、もっと多様なレールに乗ったり降りたりが可能な世の中ということ。

これって、スポーツでできることたくさんありますよね?というか、そのものズバリですよね。これを読めば、スポーツの人間であれば同じことを思うはずです。欧米のスポーツビジネスに追いつかなきゃというのはもちろんわかりますし、日本のスポーツビジネスが遅れていることがあるというのは事実です。

ですが、それよりは日本型で、日本の2025年以降の日本に役立てるようなスポーツの在り方が必要だと思います。現状のスポーツ界は、その競技が好きなのか?マーケティングの方か?しかいないんですね。その人たちは、2~3面でスポーツの価値を見ています。

しかし、本当は全部の価値がマネタイズも含めて活用されるようになる必要がある。すると、スポーツ自体がより良くなっていくと思います。スポーツ村だけでなく、色んな人が混じり合って、欧米スポーツに囚われすぎず、自分たちで考えて、自分のたちのドメインとスポーツでどういう活動ができるかな?と広い視野でやっていくと、新しい日本型のスポーツ活用ができると思います。

 

 

Jリーグが取り組むプラットフォーム作り?

続いては、Jリーグで勤めていらっしゃる藤村さんのお話です。

藤村さん:皆さん、この写真(上記の写真)を見たことありますか?これはFIFAが選んだ”世界で一番驚くべきフットボールピッチ”のナンバー1に選ばれた写真です。渋谷の屋上のフットサル場なんですけども、世界の人からしたらこれがとんでもねえと見えるらしいです。笑 これが渋谷のひとつの姿です。

サッカーを強くしたり広げたりとか、国際スポーツにするというのも大事なんですが、一番大事なのは”豊かなスポーツ文化を実現するためにJリーグを作ったんだ”ということです。これは設立の理念です。一番の目的は本来ここなんです。ここをどれだけ取りに行けるか。”スポーツでもっと幸せな国に”ってことに貢献したいというふうに我々は言っております。

例えば、色々なクラブが障害者の方との交流する、そんな活動をしていたりするんです。他にも様々なホームタウン活動を実施していますが、それで本当に地域が豊かになったり、地域の発展に貢献できているのかなというのが、我々の最近の問題意識です。だから、それぞれのクラブが実施している活動って、皆さん知らなかっただろうし、それぞれがバラバラに活動しているだけになってしまっているのかもしれないなと。

これまで、スポーツは「する」、「観る」、「支える」だったと思うんですけど、ここにつなげる」というキーワードが出てきてて、それが一番大事なところだと思っています。クラブがもっと力を合わせて、地域の人と新たなつながりを作っていく、地域の人たち同士の繋がりに貢献していくというのが、本当はもっとできるはずなんじゃないか?と。

サッカーをもっと社会に向けて使って、果たすべき本来の役割、、例えば、違いや壁を超えて人々を結びつける力をもっと活用したりとかですね。そういう方向に向けて54のクラブがJリーグと一緒に、新しい社会連携活動、プラットフォームみたいなのを作って、もっと質のいい活動を、もっと幅広く展開していくプロジェクトが始動しています。

 

 

最後に

私が昔からずっと思っていた「スポーツの価値はたくさんあるけど、つながる力こそ最大の価値」であるということ。ここに、プロスポーツが気付き始めたのだと、今回のイベントに参加して一番衝撃を受けたことでした。

これまでは、言葉では大事だよねーと聞いていても、なかなかそれが具体的なアクションに移されてこなかったように思えます。それが変わりつつある。それは、世の中として必要とされていることだったり、多くの方がそれを求めているからだったりしていて、そこにうまくスポーツを使おうという発想になってきているんですね。

スポーツを使うということ。

この発想は、スポーツ業界人だけではなく、コミュニティに関わる人であれば皆持ってほしいと個人的に思います。

スポーツほど、接着剤としての役割が強いコンテンツってないと思います。スポーツとコミュニティの関係性。ここが形になっていくと、もっと良いコミュニティが生まれるのではないかなと思っています。

本日はこのへんで。

それでは!