”理想のコミュニティを考える”noteマガジンとWasei Salonのご紹介

”理想のコミュニティを考える”noteマガジンとWasei Salonのご紹介

こんにちは。長田(@SsfRn)です。

僕がコミュニティマネージャーをつとめるWasei Salonにて、「理想のコミュニティを考えるnoteマガジン」が本日よりスタートしました。

これは、同じくコミュニティマネージャーを務める若月さん(@wakatsubasa)と一緒に作っていくコミュニティマガジンになります。

せっかくなので、併せてWasei Salonの紹介もしていこうと思います。

 

Wasei Salonとは?

Wasei Salonをご存知の方でしょうか?

このコミュニティは、オンラインを中心にコミュニケーションをとる、いわゆるオンラインサロンです。

鳥井弘文さん(@hirofumi21)が発起人となり、同じ価値観を持つ21人が集うコミュニティ。皆、それぞれ進むべき道を持っていて、自分のやっていること、進んでいる道、ひとつひとつの選択に納得感を常に持っている人たちです。

「24~27歳の間に、ひとつの転機が訪れる」と鳥井さんはいいます。鳥井さん自身も、起業したのが26歳の時。このときに、応援し合える繋がりや場所が欲しいと感じたそう。それをWasei Salonで実現しているんです。これから踏み出していく、飛躍していくメンバーが集まり、お互いを応援し合う、そんな空間がここにはあります。

「Wasei」という名前がついたのは、鳥井さんが株式会社Waseiという会社を作っているからという理由ではありません。”これからの新しいものをつくっていきたい”という思いがここには込められているんです。(勘違いされることがあるので、改めてここに記しておこうと、、!)

その他のWasei Salonの情報はこちらの記事をチェックです!

 

 

 

理想のコミュニティを考えよう

 

さて、そんなWasei Salonでは、メンバーが次々と自分のプロジェクトを立ち上げ、活動しています。

これまであったのはこのようなプロジェクト。

 

 

 

詳細はそれぞれ見ていただくとして、そのプロジェクトのひとつとして、「理想のコミュニティを考えよう」プロジェクトを実施します。

これはコミュニティマネージャーである僕と若月さんで、コミュニティに関するnote記事を書いていき、最終的にイベントの場で理想のコミュニティを一緒に考えていこうというものです。

 

 

こちらの詳細もnote記事にお任せするとして、本当にこのプロジェクトでコミュニティというものをより追求したいなと思っています。それも、ひとりではなく皆さん一緒に。

「早く行きたいなら一人で行け、遠くへ行きたいならみんなで行け」みたいな言葉があるように、コミュニティに興味あるひとと一緒に、この世の中にひとつでも多くの居場所や、つながりを生み出せたらいいなと思っています。

 

このプロジェクトはこちらのマガジンから見れますので、ぜひチェックしてみてください。

 

 

 

最後に

このようにコミュニティに関する活動を加速させていこうと思います。

コミュニティを一緒に考えていく「コミュニティファンクラブ」もつくってみたので、こちらはまた別の記事でご紹介させていただきます。

一緒にコミュニティを考えていきたい!という方は、TwitterのDMか、こちらのお問い合わせよりご連絡いただければと思います。

それでは!